エアコンの取り付けは専門の会社に依頼する

男女

取り付けの手順

空調機

エアコンの取り付け方法は様々な手順を行い施工していきます。エアコンの取り付け作業を行なう場合には、エアコンの付ける位置の確認から行っていきます。エアコンを実際に取り付ける場所は、エアコンの専用の穴はあるか、エアコンに合ったコンセントがあるかなど設備環境から確認していきます、そして、この時点で問題がなければ工事を開始します。その後は、エアコンの本体を取り付けるために必要な背板を取り付けます。その背板を壁に固定することで、エアコンは安定して落下の危険が無くなるのです。そして、配管の設置です。これは、冷房用の配管、ドレンホース等の配管類を設置していきます。このときに、室外機と室内機の取り付け位置に合わせて配管の位置も決めていくのです。配管の設置が終わると、室内機と室外機を設置していきます。室外機の場合は、基本的に配管を通す穴の近くに設置します。しかし、環境によっては近くに置けない場合もあるので設置時に確認してみましょう。その後、ホースなどの配管をすべて取り付け室内機の作動確認となります。そこでは、真空引きが行われ配管内の空気を追い出します。そして、気密性を確認しチェックが終わればガスを開放し、試運転を行っていくのです。試運転は、電源の配線からすべての項目をチェックしていきます。無事エアコンに問題がなければ、作業終了となります。自分で取り付けを行なうことも可能ですが、ちゃんとした知識がないとエアコンの取り付けは難しいのです。また、取り付けを行なうための専門の器具も別で購入する必要があるので、コストをしっかりと考えエアコン取り付けの専門会社に依頼するようにしましょう。